PC デバイス

Windowsユーザが困る、Macのショートカットまとめ【備忘録】

長年Windows一筋で公私共に過ごしてきましたが、ノートパソコンの買い替えで初めて「MacOS」の製品を購入しました。

一番初めにつまづいたのがショートカットコマンドでした。

初めてMacに触る方が困らないように、MacOSのショートカットについてまとめていきます。

MacOSとWindowsのショートカット比較表(普段使い編)

今回まとめるのは、個人的に使用頻度が高いショートカットです。

人によっては使わない物だったり、必要なものがなかったりしますが、ご了承ください。

機能 Windows MacOS
コピー ctrl + c command + c
ペースト ctrl + v command + v
切り取り ctrl + x command + x
戻す ctrl + z command + z
やり直す ctrl + y command + shift + z
全て選択 ctrl + a command + a
検索 ctrl + f command + f
保存 ctrl + s command + s

基本的にはWindowsの「ctrlキー」が「commandキー」になっただけです。

所々変わったコマンドとなっていますが、大きな変更はありません。

注意しておきたいのが、MacOSにも「controlキー」が存在しますが、用途は異なることを頭に入れておいてください。

注意ポイント

MacOSの「controlキー」とwindowsの「ctrlキー」は用途が異なる

MacOSとWindowsのショートカット比較表(文字変換編)

文章作成をする方がよく使う文字変換コマンドをまとめていきます。

機能 Windows MacOS
カタカナ変換 F7 control + k
全角英数字 F9 control + l(エル)
半角英数字 F10 control + ;

文字変換は、「controlキー」を使っていきます。

ポイント

カタカナ→「k」(カタカナのKと覚えましょう)

全角英数字→「l(エル)」

半角英数字→「;(セミコロン)」

どうしてもWindowsの方式に慣れてしまった方は、「fnキー」を使うことで、Windowsのように変換できます。

機能 Windows MacOS
カタカナ変換 F7 fn + F7
全角英数字 F9 fn + F9
半角英数字 F10 fn + F10

個人的にはMac方式に慣れておいた方が良いと思います。

理由は、指のホームポジションが崩れないからです。

文章を書く上で、ホームポジションが崩れることが地味にストレスだったりします。

MacOSとWindowsのショートカット比較表(カーソル移動編)

ここで紹介するのは、カーソル移動関連のショートカットキーです。

Windowにはない機能もあり、個人的にはMacOSの方が使いやすいと思います。

機能 Windows MacOS
カーソルから末尾を削除 control + k
「control + k 」で消した文章を復活 control + y
行の先頭へ移動 home control + a
行の末尾へ移動 end control + e
一文字戻る 「←」または 「control + b」
一文字進む 「→」または 「control + f」
一行上に移動 「↑」または 「control + p」
一行下に移動 「↓」または 「control + n」

カーソルの移動で矢印キーを入力しても良いのですが、先ほど述べたとおり、極力ホームポジションを崩したくないので、カーソル移動も矢印キー以外でやっていきたいのです。

Macにはカーソル移動に変わるショートカットが存在しています。

最初は慣れが必要ですが、長文を書く人であれば覚えておいて損はしないでしょう。

 

カーソル以降の文章を削除したい時もショートカットでスマートに消していきましょう。

間違って消した場合には、「control + y」で戻すことができるので合わせて覚えておきましょう。

最後に

ショートカットはまだまだありますが、個人的に良く使うものをピックアップしています。

この記事を書いている中で思ったのが、「Macのcontrolキーは非常に重要」であると言うことです。

慣れてくると使用頻度が高いキーになるので、いつでも押せるようにしておいて損はしないでしょう。

ショートカットキーを使いこなして作業効率を上げていきましょう

 

-PC, デバイス
-,

Copyright© K's bicook blog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.