趣味

【東京五輪記念硬貨】100円クラッド貨幣の感想と、まだ引換ができるかについて

 

こんにちは

 

東京五輪記念硬貨が、郵便局や信用銀行などで、数量限定で引換できるみたいなので、

実際に引換しに行ってみました。

 

硬貨の種類(第二次発行分)

オリンピック競技の柄

「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」「ウエイトリフティング」の計5種類

 

パラリンピック競技の柄

「ゴールボール」の1種類が発行されています。

 

オリンピック競技

「ウエイトリフティング」以外は、東京オリンピックで追加される競技となっています。

 

共通面
空手
スケートボード
スポーツクライミング
サーフィン
ウエイトリフティング

 

パラリンピック競技

共通面
ゴールボール

 

 

感想

一生に一度あるかわからない、自国でのオリンピック開催ということで、非常に感慨深いものがあります。

自国開催で、普段使いなれている100円玉がオリンピック仕様になっていて、感動しました。

 

サイズはもちろん100円玉と同じ大きさで、触った感じもあまり変わらないです。

オリンピックのロゴが非常に細かく彫られていて、高級感が出ていました。

 

また、東京五輪で追加される競技が多く貨幣に描かれているので、特別感が出ています。

 

 

引換の際にも、箱に入っているわけではなく、普段の両替感覚で引換できました。

 

窓口に「記念硬貨の引換ってできますか?」と一言いえば、すぐに引換できます。

時間もほとんどかからなかったです。

 

 

第二次発行分は、まだ引換はできるの?

都会の方ではすぐに数量に達したみたいですが、田舎の方ではまだ余裕はありそうでした。

おそらく、大きな郵便局は人が集まりやすく、すぐ数量に達してしまっているようです。

 

場所にもよると思いますが、小さい郵便局だとまだ残っていると思います。

私も比較的小さな郵便局に行って両替してきました。(7/25)

 

1日たって、ニュース報道もされたにもかかわらず、人はほとんどいませんでした。

 

都会でも案外小さい郵便局はねらい目かもしれません。

 

 

第三次はいつから?

造幣局HPによると、第三次では、「一万円金貨幣」、「千円銀貨幣」、「百円クラッド貨幣」が発行されるそうです。

「一万円金貨幣」、「千円銀貨幣」については、別途申し込みをする必要があります。

 

それぞれの発行開始は以下の通りです。

一万円金貨幣 【申し込み開始時期】

令和元年11月1日~3週間程度
消印有効

【発送時期】

令和2年3月頃から

【販売価格】

122,223円

【発行枚数】

4万枚

千円銀貨幣 【申し込み開始時期】

令和元年11月1日~3週間程度
消印有効

【発送時期】

令和2年3月頃から

【販売価格】

9,676円

【発行枚数】

各10万枚

百円クラッド貨幣 【引換時期】

引換え(令和2年1月頃)
※引換開始日等の詳細は、令和元年12月頃、財務省から発表
※発行枚数の一部は、造幣局から販売を行う予定

【発行枚数】

各394.8万枚

 

申し込みは、令和元年11月1日~3週間程度のようです。

百円クラッド貨幣については、引換が令和2年1月頃から開始されるようです。(詳細は令和元年12月頃に発表)

 

 

最後に

もう一生に一度あるか分からない自国での五輪開催なので、ぜひ記念硬貨を引換してみてはいかがでしょうか。

 

100円クラッド貨幣については、値段も100円なので損は絶対しないので、引換の価値はあります。

 

今回引換ができなかった人は、第3次発行も予定されているので、注目しておこう!!

 

-趣味
-

Copyright© K's bicook blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.